忍者ブログ

内田俊彦の「厳選・中国ビジネス情報」

日本企業の中国ビジネスを24年に亘り支援し続けている日本人税理士の、役に立つ中国ビジネス情報です。

中国ビジネス誌 第725号(17.10.23)

中国ビジネス誌 第725号(17.10.23)
表示・ダウンロード (PDF形式)


今週は、中国の人的資源産業規模が2020年までに2兆元になるとしたニュース、ネット通販大手の「京東」が北京に無人コンビニをオープンしたニュース、日本の快適さが若者の起業意欲を減少させているとしたレポート記事などをお送りします。

日本の若者の起業意欲は減少し続け、起業率は4%と欧米諸国の半分にも達していません。これに対し中国の新設企業は一日に1万6千社も誕生しています。日本の快適さが若者の起業意識を減少させ、それはやがて日本経済の衰退を招くのではないでしょうか。

PR

中国ビジネス誌 第724号(17.10.16)

中国ビジネス誌 第724号(17.10.16)
表示・ダウンロード (PDF形式)


今週は、中国EC大手が世界でスマート物流を加速させているとしたニュース、アリババの時価総額がアマゾンの時価総額を超えたニュース、中国の越境輸入商品のトップは「米国商品」だったとするニュースなどを取り上げました。

中国のEC大手は、中国のみならず世界でスマート物流の展開を加速させています。世界トップの物流ネットワークを構築し、中国国内で24時間、世界で72時間以内の配達を目指すもので、アリババは今後5年間で1000億元の巨額投資を発表しています。

中国ビジネス誌 第723号(17.10.09)

中国ビジネス誌 第723号(17.10.09)
表示・ダウンロード (PDF形式)


今週は、中国の高等教育規模が世界トップになったニュース、中国都市部の人口が2030年には9億人になるとしたニュース、国慶節旅行客の数が7億1千人と予想されているニュースなどを取り上げました。

中国の高等教育の在学生は3700万人、卒業生は700万人、都市に流入する人口は毎年1000万人を超え増え続けています。シェアリングエコノミーを初めとする新事業形態は、かつてのシリコンバレーでなく中国で育ち、世界に広まっています。

中国ビジネス誌 第722号(17.10.02)

中国ビジネス誌 第722号(17.10.02)
表示・ダウンロード (PDF形式)


今週は、「30年の激動、中国ネット社会の特徴」と題したレポートニュース、ヤフー検索が中国で利用できなくなったニュース、日系自動車メーカーが中国での電動化を加速させているニュースなどを取り上げました。

昨年の中国のモバイル決済は、米国の70倍にもなりました。ここ30年、中国インターネットの進展は「中国速度」で世界を驚愕させています。

中国ビジネス誌 第721号(17.09.25)

中国ビジネス誌 第721号(17.09.25)
表示・ダウンロード (PDF形式)


今週は、中国の大学生起業家が昨年61万人を超えたニュース、その大学生起業率が先進国の2倍になったニュース、北京に「シェア農園」2000ヶ所が登場したニュースなどを取り上げました。

中国では年間60万人からの大学生が新たに会社を設立し起業しています。一方、日本は世界で最低の起業後進国といわれ、若者の起業は減り続けています。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

名前 :
内田俊彦
性別 :
男性
職業 :
税理士
自己紹介 :
内田総研・Group・董事長。
中国最大級の専門家集団「士業」ネットワークを構築、日本企業の中国進出、在中国日系企業の税務・法務・販売等を、中国の第一線で支援中。

ブログ内検索

バーコード

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

P R