忍者ブログ

内田俊彦の「厳選・中国ビジネス情報」

日本企業の中国ビジネスを24年に亘り支援し続けている日本人税理士の、役に立つ中国ビジネス情報です。

中国ビジネス誌 第766号(18.08.20)

中国ビジネス誌 第766号(18.08.20)
表示・ダウンロード (PDF形式)


今週は、中国の「一帯一路」構想が世界を変えるとしたレポートニュース、中国が開放拡大措置を集中的に発表しているとしたニュース、中国の大気汚染品質が優良日78.8%になったニュースなどを取り上げました。

平和と発展を源泉とする「一帯一路」構想は、国際社会の期待と合致すると、世界各国で評価されています。この構想に参加していない米国と日本は、どこに行こうとしているのでしょうか?

PR

中国ビジネス誌 第765号(18.08.13)

中国ビジネス誌 第765号(18.08.13)
表示・ダウンロード (PDF形式)


今週は、日本が外国人労働者受け入れ拡大へと動き出したニュース、中国人がイタリア高級品の「最強消費者」になったとするニュース、中国企業の海外でのIPO調達額が1.7兆円に達したニュースなどを取り上げました。

2050年までに、日本の人口の40%が65歳以上の高齢者になると予測されています。これに対して日本では、外国人労働者の受け入れ拡大が避けて通れない道となっています。

中国ビジネス誌 第764号(18.08.06)

中国ビジネス誌 第764号(18.08.06)
表示・ダウンロード (PDF形式)


今週は、世界の人口が2050年には98億人になるとした国際連合の発表ニュース、スターバックスコーヒーが中国30都市2千店で宅配を開始するとしたニュース、日韓の化粧品ブランドが中国市場で潤っているとしたュースなどを取り上げました。

世界人口は、2050年には現在の76億人から2050年には98億人になると予想されています。特に懸念されているのが高齢化で、その人口は現在の9億6200万人から2050年は21億人になるといいます。
内田総研・Groupは、高齢化社会に向けての事業を、いち早く立ち上げています。

中国ビジネス誌 第763号(18.07.30)

中国ビジネス誌 第763号(18.07.30)
表示・ダウンロード (PDF形式)


今週は、「養老・教育・医療」で内需牽引を行うとした中国ニュース、JR九州とアリババグループが提携したニュース、シャープの携帯が再び中国市場から撤退の方向にあるとしたニュースなどを取り上げました。

中国の養老産業は、急成長の段階に入っています。急増する老人社会、これまでの「一人っ子政策」で面倒を見る子供の数に限界があるからです。そのため、老人介護のノウハウが無い中国では、先進国の日本の介護技術を、国を挙げて学ぼうとしています。
おりしも内田総研は、中国人介護技術者の養成事業を、日中合作事業として立ち上げています。

中国ビジネス誌 第762号(18.07.23)

中国ビジネス誌 第762号(18.07.23)
表示・ダウンロード (PDF形式)


今週は、中国の無人サービスが日本を大きくリードしているとしたニュース、在日中国人が100万人時代へ突入するとしたニュース、中国の高齢者が2050年頃には総人口の約3分の2を占めるとしたニュースなどを取り上げました。

在日中国人の数が100万人時代を迎え、埼玉県川口市では日本人と中国人によるコミニティー作りが始まっています。時代の変化と来るべき高齢化社会に向け、内田総研グループは、日中連携による「介護人材の育成」に向け、7月20日、広島で日中企業による調印式を挙行しました。(資料添付)

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

名前 :
内田俊彦
性別 :
男性
職業 :
税理士
自己紹介 :
内田総研・Group・董事長。
中国最大級の専門家集団「士業」ネットワークを構築、日本企業の中国進出、在中国日系企業の税務・法務・販売等を、中国の第一線で支援中。

ブログ内検索

バーコード

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

P R